炭酸水ダイエットの心がまえ

誰でも手軽に実践できるのが「炭酸水ダイエット」です。

 

しかし、最低限ですが守るべき決まりがあります。

 

決まりを守ることは、ダイエットの成功率を上げるだけでなく、自らの健康にもかかわってくるのです。

 

 

炭酸水を飲むタイミングは、食前がベストです。

 

炭酸ガスの影響により、満腹中枢に対しておなかが一杯になったように錯覚させます。

 

この作用は、食前に飲むことで、ちょうどいいタイミングで発生するのです。

 

あとは、食事中のお茶の代わりとして飲めば、食べすぎを予防してダイエットにも役立ちます。

 

 

飲む回数については、3~5回(1日あたり)がよいでしょう。

 

一気に飲んでしまうと、成分が無駄になってしまいます。

 

これは、薬や健康食品を飲むときと同じ理屈です。

 

毎食後のほか、お菓子を食べる直前など、何かを食べるときにセットで飲むのがよいでしょう。

 

 

重曹を使って炭酸水を作る場合は、1日あたりの重曹の使用量を5gまでに抑えましょう。

 

手づくり炭酸水だけで不足する場合は、店舗に売っている炭酸水を活用することになります。

 

重曹は薬ではありませんが、過剰に摂取するのは好ましくない成分なのです。

 

 

軟水と硬水のどちらを選ぶか迷っているときは、迷わずに硬水を選ぶべきでしょう。

 

硬水のほうがミネラルを多く含むため、健康やダイエットに役立つのです。

 

硬水のなかにもランクがありますが、炭酸水ダイエットを目的とするならば、硬度の数値が高いタイプを選ぶべきです。