炭酸水ダイエットのやりかた

炭酸水ダイエットは、誰でも行える手軽な方法でありながら、リバウンドを防いでくれるメリットもあります。

 

ここでは、炭酸水ダイエットのやりかたについて説明しましょう。

 

 

炭酸水を飲むタイミングは、食事の前です。

 

これは、満腹感を促しておき、食欲を減退させるためです。

 

当然のことながら、満腹になるほど食欲は低下します。

 

空腹感を抑えることで、食べすぎを抑制できるのです。

 

 

満腹感を覚えるメカニズムは、炭酸の膨張にあります。

 

満腹感を覚えた胃は、脳に対して「おなかが一杯だからあまり食べられない」というシグナルを送信するのです。

 

その結果、食欲が抑えられて、少しの量で満足できるようになるのです。

 

また、腸内を刺激することで便通を促す役割もあります。

 

排便がスムーズになれば、腸内に蓄積した便も出やすくなります。

 

この状態は、ダイエットのために理想的なのです。

 

 

炭酸水ダイエットをいち早く体感したいならば、食事のあとにも飲用するとよいでしょう。

 

炭酸水は代謝をよくする役割もあるので、カロリーの燃焼効率をよくしてくれるのです。

 

ちょうど有酸素運動を行ったときのような状況が再現できるのです。

 

 

ダイエットの大敵となる成分には、脂質と糖質があります。

 

カロリーカットを考える場合、この2つの成分が対象となることが多いはずです。

 

炭酸水は食物繊維(水溶性)と結び付く性質もあります。

 

すると、脂質と糖質の吸収力を低下させて、肥満を予防してくれるのです。