炭酸水ダイエットでアンチエイジング

アンチエイジングは、本来は若返りの意味があります。

 

しかし、日本においては、もっと積極的な意味で用いられているようです。

 

イメージとしては、体の内側と外側からケアを行って、体質から若返らせるという感覚です。

 

 

アンチエイジングといえば、スキンケアや便秘解消、ダイエットなどのケアが主体となります。

 

特に、便通が悪くなると老化が急速に進んでしまいます。

 

この背景には、腸内において悪玉菌の勢力が強くなることがあげられます。

 

ダイエットが成功しない要因には腸内環境の乱れも考えられます。

 

 

アンチエイジングは、炭酸水を利用して行う方法もあります。

 

入浴剤のなかには、浴槽に入れると細かな泡が出てくるタイプがあります。

 

この正体は炭酸ガスです。

 

あえて炭酸ガスを入れる理由は、温浴効果が高まるからです。

 

 

体温を平熱に保つことは、アンチエイジングの基本です。

 

人間は加齢によって病気のリスクが増します。

 

これと同じように、体温が低かったり、冷え性だったり、冷えを感じる体質の人のほうが病気になりやすいのです。

 

つまり、冷えによって老化が促進すると考えてよいでしょう。

 

 

冷えを感じると、ダイエットの効率も悪くなります。

 

肥満の人は冷え性が多いことからも、冷えとダイエットの相性の悪さが分かるでしょう。

 

ダイエットの効率を上げるには、炭酸水を利用するのがよいでしょう。

 

炭酸水には、血行をよくする働きがあります。

 

血行がよくなれば体温も上昇していきます。

 

 

炭酸水は、乳酸を減らす役割もあります。

 

乳酸とは、肩こりや腰痛の要因となる物質です。

 

乳酸は疲労や冷えによって増えやすい物質ですが、炭酸水を飲むことで体外に排出しやすくなるのです。