炭酸水ダイエット~有酸素運動と並行する~

太る一番の要因は、生活習慣の乱れです。

 

特に食生活の乱れは、肥満につながるので注意しましょう。

 

ここで大切なのは、1日に1~2食にしないことです。

 

食事回数が少なくなるほど、体に危機感を覚えてしまうのです。

 

カロリーの吸収率が高まると、あまり食べていないのに太るという現象が起こります。

 

 

食生活以外では、運動が大切です。

 

有酸素運動は、体脂肪を燃焼させて代謝を高めてくれます。

 

運動は何でもかまいませんが、20~30分間は継続して行えることが前提となります。

 

運動を始めてもすぐには脂肪が燃えないのです。

 

脂肪燃焼までは、最低でも20分間の運動が必要だとされます。

 

5分間の運動を4回に分けて行うよりも、20分間の運動を1回だけ行うほうがダイエットのためにはよいのです。

 

 

食生活や運動と並行したい方法に「炭酸水ダイエット」があります。

 

このダイエットは、炭酸水を飲むことで満腹感を得るものです。

 

炭酸の影響によって、満腹中枢はおなかが一杯になったと錯覚するのです。

 

 

炭酸水のメリットは、カロリーがゼロなことです。

 

水と同じ感覚で飲めるので、ダイエット用の飲料としては理想的なのです。

 

カロリーならば、スポーツドリンクもかなり低いですが、水の代わりとして飲むならば、かなりのカロリーになってしまいます。

 

炭酸水ダイエットならば、カロリーがゼロなうえに、満腹感を促して食べすぎを予防してくれるのです。

 

食べすぎが心配な人は、食事の前に炭酸水を飲んでおきましょう。