炭酸水ダイエット~軟水と硬水について~

軟水と硬水という言葉を聞いたことがあるはずです。

 

水に軟らかい・硬いもありませんが、こうした名前が付くのには理由があります。

 

それは、ミネラルの含有量です。

 

ミネラルとは人体に必須な成分のことです。

 

鉄やカルシウムなども人体に必須なミネラルです。

 

鉄やカルシウムなどは、もともとは金属です。

 

つまり金属の粉末が水のなかに入っているのです。

 

そう考えると、ミネラルが多い水のことを硬水と呼ぶのに納得できるはずです。

 

 

炭酸水ダイエットでは、主に硬水を利用します。

 

ダイエットをすると、どうしても栄養素が不足してしまいます。

 

栄養素を補給する意味合いでも、硬水のメリットのほうが大きいのです。

 

ただ、料理に使用するぶんには、軟水のほうが適しています。

 

味にまろやかさが出るので、やさしい感じになります。

 

 

水(炭酸水)が軟水・硬水に分類されるのは、産地が大きく関係しています。

 

ミネラル分の多い土壌をフィルターとして濾過された場合、カルシウムやカリウムなどが豊富な硬水となります。

 

また、濾過させる時間が長いほど、多くのミネラルを含むのが普通です。

 

ミネラルが豊富な水は、ダイエットをしている人にも有用です。

 

 

日本の水が炭酸水ダイエットに適さないのは、ほとんどが軟水だからです。

 

日本の土壌は、軟らかいため水が短い時間で濾過されてしまいます。

 

そのため、ミネラル分が少ない軟水になるのです。

 

日本人がミネラルウォーターや炭酸水とのなじみが薄いのは、硬水が口に合わないことも原因なのです。

 

それに対して、ヨーロッパの水は硬水がメインとなっており、炭酸水ダイエット用の水として重宝されています。