腹筋を鍛えてお腹をすっきり

腹筋を鍛える事は男性だけでなく女性にも大切なものです。

 

女性の場合、男性に比べて脂肪がつきやすく、特にお腹周りの脂肪が目立ちます。

 

女性にとって大切な子宮を守るためのものですが、女性は筋肉がつきにくいため、ぽっこりとして見えてしまいます。

 

これを防ぐために腹筋を行って筋肉をつける必要があります。

 

腹筋はなかなか継続の難しいものですが、手軽に出来る腹筋を行う事で毎日無理なく腹筋を鍛える事が出来るようになります。

 

まずは床に座り、膝を立てます。

 

手をひざの上から前習いのようにまっすぐ上げ胸を張ります。

 

この状態を維持しながら少しずつ後ろに体を倒します。

 

息を吐きながら床につけるように倒し続けます。

 

完全に床に倒れてしまっては意味がありませんので、もう限界というところまで体を傾けましょう。

 

限界まで傾けたら、その位置をキープしながら2秒程度静止します。

 

その後、元の姿勢まで戻ります。

 

従来の仰向けになって行う腹筋よりも省スペースで手軽に出来る腹筋ですが、考えている以上に腹筋に負荷をかけます。

 

回数をこなす必要はありません。

 

毎日続ける事が大切なのです。

 

そのため、毎日1回で良いですから続けてみましょう。

 

腹筋などの筋トレは即効性にあるトレーニングではありません。

 

およそ3ヶ月ごろから変化が起こりますので、まずは自分に出来る範囲で慣らしていくといいでしょう。

 

腹筋はダイエットにだけ効果のあるものではありません。

 

最近話題になったアンチエイジングにも大きな効果があります。

 

年々衰える肉体は筋肉の低下によるものが原因ですので、衰える筋肉を鍛える事で肉体の老化を遅らせる事が出来ます。