体に負担をかけない腹筋ダイエット

ダイエットには運動が最も必要になります。

 

体を動かす事で脂肪を燃焼させ、代謝を良くして太りにくい体を作ります。

 

一昔前に流行したビリーズブートキャンプなどは記憶に新しいかもしれません。

 

しかし、突然あのような激しい運動を行ったところで長続きするものではなく、多くの方が途中で挫折してしまうと言う事も多く見られました。

 

ビリーズブートキャンプなどのようなダイエットを目的としたエクササイズで大切なのは全身の筋肉を使うと言う部分になります。

 

逆を言えば、筋肉さえ効果的に使う方法が分かれば、きつい運動をしなくてもダイエットを行うことが出来るということになります。

 

そこで効果的に筋肉を使う方法が筋トレになります。

 

ブートキャンプでも言える事ですが、筋トレに必要なのは継続する事になります。

 

一日の運動量が少なくても、毎日欠かさず続ける事で効果を得る事が出来ます。

 

腕立てなどもありますが、女性が最も気になるのはお腹周りのお肉ではないでしょうか。

 

そこで、簡単に出来る無理のない腹筋を行うことで継続しやすく出来ます。

 

まずは仰向けに寝ましょう。

 

両手と両足を伸ばし、そのままの姿勢で手足を上で持ち上げます。

 

ちょうどV字になるような姿勢をイメージしてください。

 

実際に試してみると分かるかと思いますが、この体勢は腹筋に予想以上の負荷を与えます。

 

一般的に知られている腹筋の方法は首や背骨に負担をかけますが、この方法であれば首や背骨に負担をかける事無く腹筋を鍛える事が出来ます。