筋肉痛の原因

ダイエットで最も必要なのは運動になります。

 

食事制限などでダイエットを行う方もいますが、必要なカロリーが摂取できなければ体はエネルギーを守ろうと防衛を初め、結果としてダイエットに失敗します。

 

そうした失敗を起こさないように、しっかりとカロリーをとり、腹筋などの運動でダイエットを行うことが大切なのです。

 

腹筋などの筋トレを行うと誰でも経験するのが筋肉痛になります。

 

筋肉は繊維が束になることで形成されています。

 

筋繊維が太くなるということが、筋肉が鍛えられているということですが、筋繊維を鍛えると言うのは筋繊維を損傷させると言う事になります。

 

損傷する事で修復を行い、より強い筋繊維を作ると言うのが筋トレの目的になります。

 

この修復の際に筋繊維が炎症を起こすのが筋肉痛になります。

 

逆を言えば、筋肉痛が起こると言う事は筋肉が修復を行っているということになります。

 

筋肉痛は嫌なものと思わず、自分の筋肉が鍛えられているのだと考えれば、嬉しいものになるのではないでしょうか。

 

腹筋などを続けるうちに筋肉痛を起こさなくなりますが、筋肉痛を起こさなくなると言うのは負荷が足りなく、筋繊維が損傷していないと言う事になりますので、負荷をかける為に運動量を増やすなど変化を加えるといいでしょう。

 

アスリートなどが行っているトレーニングは、ある一定期間集中的に筋肉を酷使し、トレーニングと同程度の休暇を筋肉に与える方法になります。

 

こうする事で筋肉の損傷と修復を効果的に行い、効率よく筋肉をつけることが出来るのです。